どっちが保証年数は長いのか~屋上防水施工の保証期間の差異~

保証の内容を重点的にチェック!施工箇所の不具合をすぐに直せる 保証の内容を重点的にチェック!施工箇所の不具合をすぐに直せる

屋上防水工事の保証年数の例

屋上の防水工事は、別ページで10年ほどの保証年数が設けられていると紹介しましたが、住宅の状態によって、保証年数が変動します。新築施工とリフォームでは、どれくらいの差があるのかを見てみましょう。

防水工事の箇所別保証年数の違い

屋上防水工事
ウレタン防水には、3種類ほどの工法がありますが、工法の内容によって保証年数に差があります。通気緩衝工法や密着工法のメッシュ補強なら10年ほどの年数が設けられます。通常の密着工法は、防水層が3mm以上の厚みがある場合は10年ほど、それ以下の厚みなら5年ほどと、防水層の厚みによって、年数が変動します。
ベランダ防水工事
ベランダや側溝側に防水施工を施す場合、屋上防水施工と同様ウレタン塗膜防水が用いられます。方法は、密着工法と密着工法のメッシュ補強の2種類ほどがあります。また、保証年数も屋上防水施工と同じ長さを設けています。ちなみに、メーカーの中には、他の保険との組み合わせで、10年以上の保証を設けているところもあるのです。

新築とリフォームで保証年数は変わる

新築住宅で屋上防水工事を行なった場合
防水施工には、屋上全体に薄い膜を塗るメンプレス防水、目地を中心に施工を施すシーリング防水があります。新築物件の場合は、2000年度制定の品確法で瑕疵担保責任が義務付けられているので、双方とも10年の保証年数が設けられています。
リフォームで屋上防水工事を行なった場合
リフォームの際に屋上防水工事を行なう場合、新築の時と保証年数に差が生じます。シーリング防水の場合は、最大で5年ほどの保証年数と新築時より若干短めになります。メンプレス防水の場合は、最大で10年ほど保証してくれます。
TOPボタン